採用情報

求む!プロファの新たな力!
プロファであなたの力を発揮してください!!

設計部門

先輩社員紹介

プロファ設計先輩社員紹介

長岡設計部門 平成27年4月入社

Q土地改良業務の内容とやりがい

土地改良業務の内容とやりがいANSWER.
土地改良業務とは、農業農村整備を主軸に農業の生産性の向上及び規模の拡大、農村の生活環境整備などを目的としたものです。
それらに伴い、農地の形状を変化させたり、道路及び用排水路の計画を行っています。
その他にもそれらの事業を立ち上げるため、具体的にどの程度収穫率が上がるか、作業効率が上がるかを記した経済効果についての資料の作成を行っています。
このような業務は、専門的な知識が多く必要なのでとても苦労をしますが、地区の整備が終了した後は、現地が大きく変わり、とても綺麗になるため、計画を行って良かったなと感じます。それに畑が使いやすくなったと地元の農家の方々から感謝をされると、とてもやりがいを感じます。

プロファ設計先輩社員紹介

高橋設計部門 平成28年4月入社

Q構造物設計の内容とやりがい

構造物設計の内容とやりがいANSWER.
現地調査、設計計算、図面作成、数量計算などを行います。
安全な構造物を設計するために、適切な部材の強度や寸法を基準に沿って選定し、設計しなければならないため、幅広い知識と発想力が要求されます。また、工期が決まっているため、綿密な工程管理も必要です。
私が考えるこの仕事のやりがいは、自分の設計したものが造られ、様々な人に利用されることです。
しかし、私はまだまだ経験が浅いため、業務を全て一人で行うことはできませんが、日々努力を欠かさず、早く一人前の技術者になりたいと思っています。

地理情報部門

先輩社員紹介

プロファ設計先輩社員紹介

酒井地理情報部門 平成27年12月入社

Q構造物・舗装の点検内容とやりがい

構造物・舗装の点検内容とやりがいANSWER.
橋梁点検業務では利用者が安全に橋を利用できるように予防保全の観点から材料の性質や周囲の環境を考慮して損傷の程度を評価し対策としての区分を評価、判定します。橋は生活の基盤となる重要な構造物なので適切な評価が必要とされます。点検結果をまとめ、損傷の原因などを診断、調査し対象となる構造物を長持ちさせるためにより良い補修工法を選定し設計します。
最近では国の動向に合わせ3Dレーザー測量や写真測量といったICT技術の活用に積極的に取り組んでいます。どちらも3次元の点群データを取り扱うもので、取得してきた点群を1つの3Dモデル化し、そこからさまざまな情報を得ることができます。これらによる作業の効率化と精度の向上を図っています。
入社する以前は全く別の業種でしたので舗装や橋の専門的な知識に乏しく不安でしたが、社内の経験と知識が豊富な上司の方々が指導してくださり日々勉強しながら業務に取り組めています。

プロファ設計先輩社員紹介

石内地理情報部門 平成28年4月入社

Q測量の内容とやりがい

測量の内容とやりがいANSWER.
測量は社会の基盤を支える大切な仕事です。測量には基準点測量、細部測量、平面測量、応用測量など様々な測り方があり、何を測るのかで使用する道具や機械、測量方法が変わります。最近ではドローンを使った写真測量もあります。
基準点測量で作った基準点や、平面測量で測った現地の座標データをもとに、土建屋さん達が工事をします。道幅が狭い道を広げる工事などでは、土地の境界を測ったり新たに広がる道の巾杭を打ったりします。水はけの悪い道に側溝を施工するのにも、家を建てるのにも、ダムを造るのにも測量が行われています。
このように社会の基盤になる道路や橋など様々なことに測量が行われており、測量がなければ正確に構造物を造ることや、土地の面積を測ることができなくなってしまいます。
測量の仕事には、国土調査という国土を測り管理するスケールの大きい仕事もあり、自分が測量したデータを基に、構造物が出来れば地図に残りますし、これは自分が測量したと胸を張れる仕事です。仕事でわからない事があれば、経験豊富な人達に相談でき、快く教えてもらえます。
測量という仕事は他の仕事の基盤となるものなので、その大事な仕事にたずさわれる事は私の誇りです。

構造部門

先輩社員紹介

プロファ設計先輩社員紹介

森岡構造部門

Q構造部・構造課の仕事内容とやりがい

測量の内容とやりがいANSWER.
父親が土木関係の仕事をしていた影響もあって、土木の仕事に興味を持っていました。大学での進路相談の折、OBの方から今の会社を紹介していただき、そのことがきっかけとなり、入社しました。今年で5年目になります。
構造部・構造課では、主に土木施設、特に橋梁などの補修・耐震・耐荷設計、橋梁の点検や修繕計画の提案などのコンサルタント業務をおこなっています。私は主に橋梁の点検・補修設計業務を担当しています。
原則5年毎に点検をして維持管理を行うこととなり、群馬県内の各市町村から委託を受け、点検を行っています。原則として近接目視で点検を行いますが、徒歩や梯子で近づくことが困難な状況の場合は、高所作業車やロボットカメラなど状況に応じて点検を行っています。
点検を通じて橋梁の状態を把握し、安全性を確保することは、利用者の方の安全に直結するため、責任感とともに、やりがいを感じながら業務に取り組んでいます。

地質部門

先輩社員紹介

プロファ設計先輩社員紹介

仲内地質部門 平成28年2月入社

Q地質調査の内容とやりがい

地質調査の内容とやりがいANSWER.
地質調査は、地表地質調査,ボーリング調査,室内土質試験など、種々の調査手法を適切に用いることにより行います。調査を行うことで、地質の三次元的な広がり,地層の物性や動態など、調査ごとに必要とされる情報を得ることを目的としています。これらの情報は、土木構造物や建築物などの設計時に利用され、より正確な設計・施工を進める上で大いに役立っています。
私は、小さい時から自然に興味があり、大学では地学を扱う学科に在籍していました。大学卒業後は、別業種の会社に入社しましたが、元々持っていた興味や関心を活かしたいと思い、プロファ設計に地質調査技術者として転職することを決意しました。
現在は、内業と外業を半々とした働き方をしており、主に内業ではデスクワークを,外業では自然に身を置く日々を送っています。自然が好きな人は、地質調査技術者として、私たちと一緒に働いてみませんか?

環境研究所

先輩社員紹介

プロファ設計先輩社員紹介

松永環境研究所

Q土壌汚染調査の内容とやりがい

土壌汚染調査の内容とやりがいANSWER.
土壌汚染調査は、平成15年に施行された土壌汚染対策法(以下、法)に基づく土地の履歴調査~土壌分析~評価を行います。法では、有機溶剤、重金属類、農薬類等27物質が指定されており、それら物質を取り扱っている事業場等において調査を行うこととなります。
本調査が終了しなければ、土地の改変等が行えず、無事調査が終了した際にはお客様より感謝の言葉を頂くことがあります。また、大きな工事に係わる調査等では、調査後の工事の進捗状況をこの目で見ることにより、達成感を得ることがあり、業務に携われたことを誇りに思うこともあります。
環境調査は、大気、水質、土壌等の全てが複雑に絡み合い、二つとして同じ事案はありません。調査毎に新たな事象を目にすることにより、新たな発見をすることがこの仕事の楽しみでもあります。

プロファ設計先輩社員紹介

黒田環境研究所

Q作業環境測定の内容とやりがい

作業環境測定の内容とやりがいANSWER.
作業環境測定とは、工場等作業場の気中における有機溶剤濃度、粉じん濃度、または騒音・振動測定等を行い、その作業者の健康を保護することを目的とした現状把握です。
この仕事は、労働安全衛生法、作業環境測定法、有機溶剤中毒予防規則等の多くの法律・規則を熟知する必要があり、覚えることも非常に多いです。また、法律で指定されている有害物質も年々増加傾向にあり、その都度覚えることも多いです。
作業環境測定は、作業場で働く方の健康を守ることに直結することから、大きな責任を伴います。
この仕事において最も難しい点は、測定結果が基準を超過した場合における、お客様への提案等です。
保護具の着用の指導、局所排気装置の設置の相談等、測定以外の知識も必要となります。
一人でも多くの作業者の健康を守り、ひいてはその家族の幸せを守ることが私の使命です。

応募・お問い合わせ先

プロファ設計株式会社総務部まで

TEL.0270-62-2111

MAIL. propha@propha.co.jp

Copyright(C)Propha Engineering Consultants All Rights Reserved.